優秀発表賞

「日本味と匂学会優秀発表賞」は、審査委員による審査を経て、

味覚・嗅覚それぞれの発表の中から優秀な発表を行った若手研究者に対して授与されます。

対象

【 発表者が以下の条件をすべて満たしている演題 】
1. 生年月日が1975年4月1日以降                    
2. 正会員または学生会員(臨時会員、臨時学生会員は応募できない)    
3. 大学等の研究機関(企業を除く)で職位を有する場合、その職位は講師以下
 (参照:日本味と匂学会 会則 附則 第6条4.日本味と匂学会優秀発表賞)

応募方法

本大会ホームページにある演題登録画面上で「優秀発表賞応募」を選択してください。

討論・審査

 大会1日目[10月19日(月)]

13:00~13:50

14:00~14:50

15:00~16:00

【味】食味・食感

【味】末梢受容

【味】味細胞と味細胞様細胞

演題番号:P-01~P-04

演題番号:P-05~P-08

演題番号:P-09~P-13

 大会2日目[10月20日(火)]

13:00~14:10

14:20~15:30

【匂】嗅覚・鋤鼻受容体と個体行動

【匂】ヒト計測・評価

演題番号:P-14~P-19

演題番号:P-20~P-25

 

  • 各演題について、7分間の発表(プレゼンテーションデータのライブ配信)後、3分間の質疑応答を行います。

  • セッションの進行に関しては、座長の指示に従ってください。

  • 発表者は、ご自身の演題番号が割り当てられたセッションに必ず参加してください。

  • 万が一、発表者が参加できない場合には、連名者が代理で参加し、質疑応答を行ってください。また、代理者の氏名・電話番号・メールアドレスをご連絡ください。

  • やむを得ず代理者を立てることができない場合には、その旨をご連絡ください。

★ 連絡先:大会事務局(jasts2020@kobayakawa.dip.jp)★

受賞者の発表

大会5日目[10月23日(金)]の閉会の辞・次回大会長挨拶の前に受賞者を発表します。

 © 2020 日本味と匂学会 第54回大会